当選率を上げるには競争率の低い懸賞に応募するのがコツ 〜 懸賞

main_top_over_navi
main_top

当選率を上げるには競争率の低い懸賞に応募するのがコツ


懸賞に数件応募して、期待して待っていたのに、全く音沙汰が無い…というのはよくあることです。自分と同じように待っている人がたくさんいて、その中から抽選で当たると考えるとそれも仕方がないですね。


懸賞は、あくまでも運です。コツといってもほとんどないと考えて、毎月地道に応募し続けるのも良いかもしれません。ですが、せっかく応募するのですから、たまには当たってほしい。では、当たるにはどのようにしたらよいのでしょうか。


懸賞の当選率を少しでも上げるためのコツは、競争率の低い企画に応募することもそのひとつです。抽選が純然たる確率だとすれば、競争相手である分母は少ない方がいいというのは明らかです。


競争率が低いからといっても、当選時の賞品は他の賞品と何ら見劣りすることはありません。当選本数は少なくても、欲しいと思う賞品が意外とあるものです。


懸賞上手の人はこのコツをつかんで応募しているから、よく当たるのです。人とは違うことをして、当選確率を上げているということですね。


懸賞のうち、競争率の低いものを探すといっても、どうやって?とお思いかもしれません。しかし、意外と思い当たるものです。


たとえば、本屋さんで雑誌を買う時、いつものコーナーではなく専門誌のコーナーに行ってみてはいかがでしょうか。隔月刊や季刊で一体誰が購入するんだろうと思うような雑誌があるはずです。


そういった雑誌でも、必ず懸賞コーナーはあったりします。そんなマイナーなルートからチェックしてみると良いでしょう。


その雑誌は、当然販売部数は少ないのですから、競争率も低くなるわけです。このような懸賞のコツさえつかんでコツコツ続けていけば、当選率も少しずつ上がっていくでしょう。


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 懸賞 All Rights Reserved.

為替変動要因