懸賞応募の効率アップのコツ ?入力支援ソフト? 〜 懸賞

main_top_over_navi
main_top

懸賞応募の効率アップのコツ ?入力支援ソフト?


懸賞の応募フォームに記入するのは、同じ作業が繰り返されるので面倒ですね。そんなとき、懸賞応募の効率アップのコツとして入力支援ソフトを活用してみてはいかがでしょうか。入力が楽になれば応募する件数も増えるので、その分当選する可能性も高くなります。


入力支援ソフトは、大体3つのタイプに分けられます。

・「自動入力型」
 ソフトに事前に登録してある情報を、応募フォームの必要事項に一括で自動入力できるソフトです。ソフトを起動していれば応募フォームが全て埋められるという優れものです。懸賞応募の効率アップのためには、「aiBAR」や「DrePos」のような人気ソフトを利用するとよいでしょう。
これらは、多くの人が利用しているソフトだけあって非常に便利なのですが、ただひとつ気になるのはCPU占有率が高めであることです。あまり複数の作業は同時にはしない方が良いでしょう。


・「クリップボード型」
 ソフトに事前に登録してある情報をクリップボード経由で応募フォームに入力する方法です。色々なソフトがありますが、懸賞応募の効率アップのためには、ダブルクリックで入力されるソフトを利用するとよいでしょう。

作業は軽快で、環境に左右されないのも魅力のひとつです。手作業でコピー&ペーストをするソフトもありますが、これだと大幅な効率アップは望めないでしょう。


・「自動巡回型」
 自動で懸賞サイトを見つけてフォームに記入し、応募するものです。懸賞応募のコツは、登録してあるサイトのみを巡回するタイプを利用することです。

インターネット上では、このタイプのソフト利用者の個人情報がトラブルに会いやすいとも言われます。効率化を望むあまり、ソフトに頼りすぎて意外なトラブルに巻き込まれないよう注意しましょう。


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 懸賞 All Rights Reserved.

為替変動要因